ユバーバ

 ピーチクパークの湖東岸のほとりに、ユバーバが住んでいる。
彼女は80歳を過ぎたおばあさん、正確な年齢はわからないが、とにかく
よくしゃべる。お買い物カートを手押し車かわりに、ゴゴゴッ、ガガガッと
音をたてながら、舗装されていない土の道もお構いなしに突き進んでゆく。
そのお買い物カートはどこかのスーパーでもらった??ものらしいが
それも定かではない。

 そんなばあさんの行先はいつも村のはずれにある大きな温泉。大きな湯船
でたっぷり温もるのがなによりの楽しみ、彼女の場合、ゆったり湯船につかる
のではなく、「たっぷり」なのだ。いつもセカセカしている彼女にゆったりという
世界は存在しない。

 まあ、そんな温泉好きの彼女を、村の人たちはユバーバと呼んでいるのだ。
そのユバーバ、がある日、虹色診療所に例のお買い物カートでけたたましい音
をたててやってきた!!

 挨拶もそこそこに入ってきたユバーバはセカセカとカートを診療室の隅へ勝手に
押しやると、私に迫ってきた~~!!

 「せんんせ~~い。このオデキ、治りませんねん、大丈夫でっしゃろうかぁ~(*_*;」
と言うやいなや、眉間に貼ってあった大袈裟な絆創膏を、不器用な手で苦労しながら
苦心惨憺して剥がした。

 診ると大きなオデキの真ん中に傷口がパックと口を開いて、出血している。
どうしたら、こんな傷ができるのか、何があったのか、問いただしてみた。

すると、最初はただ、蚊に刺されただけだったらしい、それを毎日、毎日
丁寧に消毒し、絆創膏を貼り、しているうちにだんだんと腫れが大きくなり
それで、家にあった変色して古~~~い軟膏を塗って、様子をみていると
どんどん悪化し、さらに大きなその大袈裟な絆創膏を昨夜、貼ってついに
不安になり、ここまで駆けつけたということなのだ。

 あきれた、ただ蚊に刺されただけだったのに、こんな立派になるまで傷を育て
るなんて、私があきれはてている間も彼女は唾をそこらじゅうに飛散させながら
しゃべり続けている。こっちの質問には一切、答える気配がない。耳に入らない
らしい。

 しかたがないので、私は無言でもくもくと処置を続けた。紫雲膏(紫色の
軟膏で炎症をおさえ、殺菌作用のある紫根が含まれている)を塗って、処置が終わり
これで治るから、安心しなさいというと、ユバーバはようやくこっちの話しに
耳を傾けた。

 彼女には自宅での処置は禁じた、また何をしでかすかわからない。
それで、毎日、ここへ処置を受けに来るように説明し、1週間程通ってもらった。
傷もようやく小さくなり、ユバーバも安心し始めたころに、彼女の好きな色を聞いてみた。

 その答えは「臙脂色(えんじいろ)」だった。
昔はもっと、はでな明るい赤が好きだったらしい。しかし、今は臙脂、濃い紅色だ。
聞くと、小さいころに早く、お父さんを亡くし、10年前には夫にも先立たれたとのこと
村で見かける、彼女はいつもセカセカとカートをその年令を考えると暴走とも思える
ような勢いで押してどんどん歩きまわっている。

 彼女のテーマは移動、なのだ。それも何かを追い求めているように見える。
早くに父親を亡くした人によく見られる傾向だが、無いものねだりをしてしまう
人がいるように感じている。ユバーバの場合もそうかもしれない。夫も亡くした
今、取り組むものが無いのだ。

だから眉間にできた、ただ蚊に刺されただけの湿疹に過剰に取り組み、馬鹿でかい
絆創膏を貼らないといけないような傷にまで育て上げたのだ。

 治療最後の日、眉間にはイボのような小さな出来物が残った。
これはさすがに彼女もしかたないと観念したらしい。
「お蔭さまで、命拾いしました~~ッ」と、
大袈裟にも思える、礼を言うと、彼女はまた、お買い物カートを駆って
村へと出かけて行った。

 こんどは、何が起きるのだろう~!?
そんなユバーバの後ろ姿を見ていると、そう思わずにはおれなかった。
[PR]

by nijiirosinryoujyo | 2011-06-09 22:22 | 色彩診断  

フローラさん >>